テニスのボレーが上手くなる3つの基本動作【動画あり】

「ボレーは難しい」「どうやったらボレーが上手くなるんですか?」

 

最近そんな話をよく聞来ます。

ボレーが上手くなれば、それだけで試合を優位に進める武器になりますし、何よりゲームを自由自在にコントロールできるようになります。ボレーの上達はいわば、「勝てるテニスができるようになる」とも言えるでしょう。

そもそもボレーが苦手な人がなぜ多いのか?

 

ボレーはボールをノーバウンドで打つため、ストロークと比べて距離感が取りづらい。

ボールとの距離感が取りづらいために、スイートスポットを逃したり、フレームショットになったり、しっかりとした面で捉えられなかったりするので、ボールが意図しない方向に飛んでしまう。ということがボレーでミスをする大きな原因です。

 

そのため、ミスをした時の印象がとても強く残ってしまうので「あぁ、、自分はボレーが苦手だ」と自分を責めてしまい、苦手意識を持ってしまうのです。

ボレー練習する人があまりにも少ない

また、ボレーの練習をしている人は少ないです。

テニスの練習というと、ストロークの練習ばかりしている人をよく見かけます。

先ほども説明しましたが、ボレーの練習をしていないがために苦手意識を持ってしまい、ボレーに消極的になってしまいます。

そして成功体験に乏しいため失敗を繰り返し、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

今日の記事では、そんな「ボレーが苦手だ」と思っている人に、

もう一度ボレーの基本的な動作を学んでいただこうと思って書きました。

ボレーの基本動作

 

ボレーは打つ前の準備が重要です。

 

フットワークが重く、ベタ足になっていると素早くボレーの動作に入ることはできません。

ストロークの練習ばかりしているとラケットの動きがどうしても大きくなってしまいます。ボレーは逆でラケットを動かしてはならないことも難しい一因でしょう。

では、ボレーが上手くなるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

初めのポイントは「グリップの握り方」にあります。

ボレーはラケットを振らないショットです

体の踏み込みを利用してボールを捉えていくのですが、そのためには手首を安定させる必要があります。

ボレーの基本は「コンチネンタルグリップ」です。コンチネンタルグリップは、小指から薬指、中指、人差し指、親指と順番にラケットを握り込みます。

包丁を握る時のようなイメージです。

こうすることで手に余計な力の入らないグリップができます。手の余計な力を減らし、腕を振らずに当てることでスイートスポットが増え、体を前に持っていくことでさらに厚い当たりでボールが打てるというわけです。

 

次のポイントは「腕の角度」です。

ボレーはラケットを振らないショットなので肘を体の前にセットします。
ラケットと腕の角度は90度に保ちます。ラケット面を少し上向きにしてスライス回転をかけます。

 

そして最も重要な基本動作が「スタンス(足の運び)」です。

スタンスはフォアボレーとバックボレーでもちろん違います。

フォアボレーの場合は肘を体の中心に持って来るようにしてオープンスタンスでボレーを打ちます。スタンスを広めに取り、スタンスの中間に頭がくるようにします。

バックボレーの場合、スクエアスタンスを取り常に足が先にくるようにします。フォアでもバックでも重要なのが、常にステップをふみ、手で合わせるより足で合わせるということです。

フェデラーもボレーの練習をするときは常にステップを踏んでリズムよくボレーを捌きますよね。

そのため、ボレーを打つときは絶えず足を動かすことを心がけましょう。

 

 

これら3つのポイントを意識してボレーの練習をしてみてください。

1日の練習時間で意識するのと、しないのとでは上達のスピードに天と地の差が現れますので、今よりもワンランク上のステージへ進むのに役立ててくださいね。

 

ではでは!

おすすめの記事