テニス初心者のストローク上達方法

テニスは初心者にとって難しいスポーツの部類となります。

コートにボールが入らないといったこともさることながら、ラケットにボールが当たらないなんてこともしばしばおこってしまうのがテニスです。

 

しかし、手順を追って練習することで初心者でも楽しくテニスをすることができます!

ここでは、初心者が意識するべき基本的なストロークのポイントについてお伝えします。

まずは小さな目標を立てる

ストロークというと、プロのような華麗なスイングが頭に浮かぶと思いますが、正直最初からテニス初心者がプロのようなスイングを求めるのは難易度が高すぎます。

まずはストロークに必要なポイントを一つずつクリアしていくことが、初心者がテニスを楽しむための近道となります。

 

初心者がまず行うべきことは・・・

 

ラケットにボールを当てるとどのくらい飛ぶのかを知ることです!

 

この感覚を知らないうちにいきなりストロークの打ち方の練習をしてもすぐにつまずくことになるでしょう。

どのくらいの握り具合だと、どのくらいボールが飛ぶのかという力の調節が、テニスを行う上で大事なポイントとなります。

打球感覚がなんとなくわかってきたら以下の手順を意識して練習してみてください。

 

  1. ボールがまっすぐ飛んでいるか
  2. ボールが上方向に飛んでいるか

この2点は、テニス初心者がストロークのスイングを作る前に、知っておかなければならない項目です。

打ち方は気にしなくてもOK!
むしろラケットに当てるだけでもよいくらいです!

 

テニスは狙ったところにボールをコントロールする競技です。ラケットとボールが接触した時に、「あ、今のはまっすぐ飛んでく」「これはまっすぐ飛ばない」といった2つの感覚を初めは養いましょう。

球出し練習より、ラリーが上達への近道

ストロークでラリーをするためには、相手から来るボールがどういうボールかを予測する必要があります。

 

そこで初心者におすすめなのが、硬式テニスのボールを使ってのキャッチボールです。
キャッチボールも、ノーバウンドではなく、ボールがバウンドしてからキャッチするようにます。

 

硬式テニスのボールの弾み具合を実際に体感することが目的となります。
弾み具合を体験することで、どんなボールがくるのかという予測ができることにつながります。

 

 

では、ここまでお伝えしてきたことを使ってラリーをしてみましょう!

 

・・・

おいおい、ちょっと待ってくれ。

あれ?ストロークの打ち方は?と思いましたか?

 

 

大丈夫です!

これだけでラリーができます!むしろ、綺麗な打ち方しようとしてしまうとラリーが続かなくなりますし、ただのバッティングセンターになってしまうことも・・・!

 

そもそも、テニスでのストロークというのは打ち方ではなく、ワンバウンドで打球すること!

 

初心者が最初に苦戦するのはラリーで、その原因となるのが打ち方を意識するからなのです。

 

ラリーをしたうえで、色々な問題点ができてきますので、ここで打ち方の練習をしていく流れとなります!

まとめ

ラリーができるとテニスは今よりも3倍も楽しくなります。
それこそプロの試合を見てボールの軌道とかをチェックするととても興味深いです。

初心者の方にはまず、テニスの楽しさを知っていただきたいのです!

 

そして、テニスで上達を加速させる練習は「ラリー」!
これまでお伝えしてきたことを参考に、まずは「ラリーを100回続ける」ことを目標にストロークの練習をしていただければと思います。

おすすめの記事