テニスでの理想的なストロークフォームとは

プロのスイングを見ていると、非常に美しいですよね。

誰でも簡単に真似できるような錯覚を起こさせるくらい、楽なストロークフォームをしています。

ここでは、フォームが綺麗だね と言われるような、フォームづくりの上達法をお伝えしていきます。

握り方によってフォームは異なる!?

テニスのストロークフォームは、グリップの握り方によって理想となるスイングがそれぞれあります。

テニスには、「コンチネンタル」「イースタン」「ウエスタン」と大きく分けて3つの握り方に分類されます。

それぞれの特徴は以下の通りとなります。

コンチネンタル

イースタン

ウエスタン

スタンス

クローズ

クローズ、セミオープン

オープン

打点の位置

やや後方

やや前方

前方

打点の高さ

膝~腰

腰~胸

体の使い方

後ろから前の重心移動

後ろから前の重心移動

体の回転

 

このように、テニスでは握り方によってストロークフォームの時のポイントが変わっていき、コンチネンタルグリップの方がウエスタングリップの人のスイングを真似しようとしても、理想のフォームにはなりません。

 

まずは握りに応じたストロークフォームを理解する必要があります。

 

上記のポイントは構え~打点までのスイングのポイントとなります。

 

これらの動きができると、握りに応じたフィニッシュの形も自然とつくれるようになります。

体の使い方でフォームは美しくなる!

プロのスイングを見ると、楽そうにスイングしていますよね。

 

これは、体を効率的に動かした結果としての動きなのです。

 

体の動かし方をマスターすることで、テニスのストロークフォームは格段に美しくなってきます。

 

テニスのストロークフォームを作る3つのポイント

  • グリップは握らず、支える
  • スイングは腕からではなく、下半身の動きから
  • スイングをする際は、打点ではなく、フィニッシュの形を意識する

 

力が入っていては、美しいストロークフォームを手に入れることは難しくなります。

上記のポイントを意識することで、スイングに必要な効率的な体の動作が可能になり、無駄のないフォームに近づくことができます。

握りに応じたスイングの理解、正しい体の使い方の2点を意識することが、テニスでの理想的なフォームを手に入れるコツとなり、理想的なフォームで打球したボールは今までにないくらい楽にボールを飛ばすことができますよ!

 

この動きをマスターするのに手っ取り早い方法は「素振り」です!

素振りはボールを打たないので余計な力が入らず、上記のコレまでお伝えしたポイントを意識するだけで、握りに応じたテニスフォームを作ることができますよ。

まとめ

人間それぞれ、体格もちがければ、運動構造も違います。

憧れの人のスイングを真似したい気持ちは誰しもあるとは思いますが、握りに応じた自分流のスイングを手に入れることが美しいフォームを手に入れる一番の近道となります!

おすすめの記事