テニスにおけるスピンサーブの原理と打ち方

テニスにおけるスピンサーブは主にファーストサーブよりも、セカンドサーブなどで多く用いられています。

ボールにトップスピン気味の回転をかけるサーブのため、高い軌道でボールを相手コートへ打てるという安全性があり、さらにバウンド後に勢いよく外側に弾むため、相手に強打されにくくなるため、セカンドサーブに打つのに適した球種です。

特に相手のバックハンド側に高く跳ねるスピンサーブを打てるだけで、サーブゲームのキープ率が大きく貢献できます。

今回は、そのスピンサーブの原理と打ち方、スピンサーブを打つためのトスアップの位置について解説します。

スピンサーブの原理について

テニスではボールにスピンをかけるためには、打点に対してラケットを下方向からスイングする必要があります。

テニス スピンサーブを打つための原理

  • ラケットはボールに対して下から上方向へスイング
  • ラケット面は打球方向に対して垂直
  • コンチネンタルグリップが回転をかけやすい

 

ストロークのスピンショットと同じ原理です。

この原理をテニスのサーブで行うためには、コンチネンタルグリップの握り方が必須になります。

 

イースタングリップやウエスタングリップのサーブは、スイングは後ろから前方向となり、ラケットを下から上方向へスイングをすることが非常に難しいためです。

一方、コンチネンタルグリップでのサーブの場合、腕を上方向に移動させてスイングをするため、ラケットが下から上方向に進めることができます。

 

なのでコンチネンタルグリップが必須という訳です。

また、ボールにスピンをかけるためには、ラケット面は打球方向に対して垂直になるように移動させなくてはならず、イースタングリップやウエスタングリップですと面が上を向きやすくなるため、スピンがかけにくくなります。

これらの条件をクリアすることで、ストロークと同じようにスピン回転が簡単にかけられるようになります。

スピンサーブの打ち方

スピンの打ち方というのは、実はそれほど重要ではありません

私もよくプロのサーブ練習の動画を見て、見よう見真似で素振りなどをしていた時期がありましたが、自分が思った通りのボールが飛んでいかないんですね。

 

そこで気付いたのが、打ち方というよりも、考え方が大切ということ。

 

テニスには、フラット、スライス、スピンの3種類のショットがありますが、コンチネンタルグリップのサーブの場合、スイングを変えなくても3種類のサーブを打ち分けることが可能になります。

 

ポイントは、ボールの触る場所打点の位置です。サーブの球種によってそれぞれ異なります。

  • フラット→ボールの真後ろを打球、打点が高い
  • スライス→ボールの外側を打球、打点が斜め前
  • スピン→ボールの下側を打球、打点が低め

ラケットダウンからインパクトまでの体の動かし方は、どのショットも変わりません。

変わるのは上記のように、どの位置でボールを打球するかです

 

スピンは頭の後ろ側にトスを上げるようにしましょう。と、アドバイスを受けた経験のある方もいると思います。

確かにボールに回転を与えることはできますが、頭の後ろにトスを上げると以下のようなことが起こります。

  • 打点の確認ができない
  • 体の回転が使えないため、ボールに勢いがでない

 

といったデメリットの影響の方が大きくなります。

わざわざ頭の後ろにボールを上げなくても、トスの位置は頭の上に上げる程度でボールを下から触ることは可能です!

逆に後ろにあげすぎて腰を反り、腰を怪我してしまっては元も子もありません。

トスを上げる位置

安定したスピンサーブを打つときに必ず注意することは、トスを上げる位置です。

テニススクールなどでは、スピンサーブを打つときは「頭上〜頭の後ろ」と教わるかと思いますが、これは半分正解・半分不正解です。

なぜなら、トスを頭上〜頭の後ろに上げるだけでは、ボールをただ擦り上げるだけで威力がないスピンサーブになってしまうからです。

上級者やバックハンドが上手な選手には、この掠れたサーブを打つこと自体がリスクでしかありません。彼らは平気で強打してきます。

そうならないためにも、スピンサーブを打つ時の正しいトスの位置は以下の通りです。

  • 体より前
  • 頭上

 

トスの位置を、体の前にすることによって下半身から伸びるエネルギーと、手首のプロネーションをそのままボールにぶつけることができます。

さらに頭上に上げることによってスピンサーブを打ちやすくなります。

そうすることによって、安定した威力のあるスピンサーブを打つことができるのです。

【参考動画】

サーブでスピンを打つためのまとめ

今回お伝えした「スピンサーブを打つため」のまとめです。

  • トスの位置は頭の上に上げる程度OK
  • ラケットダウンからフラットのインパクトまでの間でボールを捉えればOK
  • 回転をかけることばかり意識して、手首を使ってしまうと、ボールに勢いがでない
  • スピンサーブでも体の回転を使う

 

「打ち方」より「考え方」を変えることによって自然とスピンサーブが打てるようになります。

そして自然とフォームもスピンサーブを打つフォームに最適化されるのです。

 

テニスのスイングは体全体の動きを利用することによって、無理な態勢で打球をしなくて済むようになります。

テニスのサーブでスピンをかけるためには、上記のようにスイングを変えるのではなく、打点の位置とボールの触り方を変えれば、体全体の動きも利用でき、勢いのあるスピンサーブが打てるようになります。

 

「うまくスピンサーブが打てない!」という人は是非今回のことを意識して実践してみてください!

おすすめの記事