テニス ワイドへのサーブを有効活用しよう

ワイドのサーブは、相手をコートに追い出すことに成功すれば、その後の展開を優位に進めることができます。

ただ、ずっとワイドにばかりサーブを打っていても、相手に予測されてしまいますので、せっかく良いサーブを打っても効果が半減してしまいます。

ここでは、ワイドサーブに有効なサーブの球種や、よりワイドのサーブを効果的に見せる方法をお伝えしていきます。

ワイドへのサーブは回転系サーブを打つ

テニスでワイドのサーブを打つ際の目的は、相手をコートから追い出し、オープンスペースを作ることにあります。

ワイドに配球→前に詰めてボレーで反対側のオープンコートへ配球をするだけで簡単にポイントを取ることができます。

このパターンはシングルスでいうところの「鉄板パターン」です。プロの試合でも頻繁にこの型のゲーム展開がされているので注意深く見てみてくださいね。

サーブで回転系のボールを打つ理由

サーブでバウンドした後に変化のあるボールを打球できればより有効になります。

テニスは回転系ショットが非常に有効になり、その理由はバウンド後に変化をするためです。

 

変化量が多いほど、相手は予測しづらく、態勢を崩すこともできます。

特にテニスのサーブの場合は、決められた場所に打たなければならないため、リターン側からすると移動距離が少なくて済むので、相手により取りづらくさせる回転系サーブは有効なサーブとなりますね。

変化量が多いほど、相手は予測しづらく、態勢を崩すこともできます。

例えば、片手バックハンドが相手の場合、相手のバックに跳ねるスピンサーブを配球するだけで相手の体勢を崩したりミスを誘うことができちゃうわけです。

スライスサーブ・スピンサーブの使い所

さらに、スライスサーブやスピンサーブは、使い方によってはセカンドサーブだけでなく、ファーストサーブとしても使えてきます。

その使い方は、回転系のサーブをワイドへ配球することです!

右利きの場合、デュースサイドではスライスサーブ、アドサイドではスピンサーブをワイドに打つことで、リターン側をより走らせることができ、オープンコートを作りやすくなります。

【右利きの場合】

  • ディースサイド→スライスサーブ、フラットサーブ
  • アドサイド→スピンサーブ

 

※サウスポーは反対にしてください。

では、どのようにワイドのサーブを使っていくのかをパターン別に紹介します。

ワイドへのサーブをより効果的にするために

テニスは予測のスポーツです。

相手がどんなボールを打ってくるのかを予測することによって早い準備ができ、安定したショットを打つことが可能になってきます。

逆に言うと、相手に予測されにくい状況を作れれば、相手に迷いが生じ、動き出しが遅れてくるのです

「次にどんな球が来るのだろう?」と相手に選択肢を多く与えるほど優位になってきます。

フラットサーブをセンターに打った後に、ワイドへサーブ

テニスのサーブ戦術では基本の考え方となります。

速いサーブを見せられた後にスピードの変化、バウンド後の変化、コースを変えるサーブを打つと、早いサーブが頭に残っているので、対応が難しくなります。

スピード、回転量を変える

同じスライスサーブをワイドに打っても、スピードを変えるだけで効果的になります。

スピードと回転量は密接な関係を持ち、回転量を増やすとスピードが落ちます。

回転系のサーブの場合にスピードの変化をつけたい場合は、回転量を変えるようにしましょう。

ここぞという時にワイドへサーブ

ワイドのサーブは相手をコートから追い出せるメリットがある一方で、角度のあるリターンを打たれるデメリットもあります。

逆襲を受けやすいワイドのサーブは、頻繁に相手にみせずにここぞという時に使用してみてください。

相手の頭の中にワイドのサーブがない状態で、ワイドへのサーブを打つことにより、より効果的になります。

まとめ

テニスはサーブが絶対的に優位なスポーツです。

ワイドへのサーブとセンターへのサーブを使いこなすことで、サーブに自信がなくてもその配球だけで武器となりえます。

ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめの記事