テニス フォルトを抑えるためのスライスサーブの打ち方

サーブの入れる範囲って小さいですよね。

しかも、サービスボックスはネットに近いところにあるため、余計に枠が小さく感じます。サービスボックス内に収められずフォルトしてしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、サーブでフォルトをなくすためのスライスサーブの打ち方について解説していきます。

回転をかけるメリットとは

テニスは回転系ショットが非常に大事になります。回転を操れるだけでネットミスやアウトといったミスを自然となくすことができるからです。

 

回転系ショットのメリットは以下の通りです。

  • 回転がかかり、空気抵抗を受け、コートに納まりやすくなる
  • バウンド後に変化する
  • 回転量を変えることでボールの飛び方を操作できる

特にサーブでは、テニスコートの4分の1のエリアにいれなくてはならないのですが、回転系のボールを打つことにより、コントロール性がまし、フォルトを減らす効果があります。

 

また、フォルトにはネットとオーバー、フットフォルトとありますが、特にボールがオーバーをしてフォルトしてしまうといった悩みを持つ方は、回転系のサーブで解決できます。

サーブの回転系ショットは縦回転と横回転の2種類ありますが、テニス初心者でもマスターしやすく、テニス上級者でも多く使われるスライスサーブのポイントを解説していきます。

スライスサーブの打ち方

スライスサーブはどのグリップでも打つことが可能です。

しかし、グリップによって回転方向と回転量は異なります。

ここでは、コンチネンタルグリップでのスライスサーブの打ち方をお伝えします。

スライスサーブのポイント

  1. ボールの触り方
  2. スイングの方向
  3. スイング方向と打球方向の差の理解

 

スイング自体はフラットと変わりません。

フラットサーブと大きく変わるのは打点の位置とボールの触る場所です。

 

スライスをかけようとして、ボールを巻き込むようなスイングをしても、ボールに回転はかけられず、手打ち状態になるため、ボールも飛んでいかず、ネットでのフォルトが増えてしまいます。

ボールの触り方

テニスで回転をかける場合、ボールに当たる前の動作で回転がかかるかどうかが決まります。

スライスサーブは回転を横回転にしますので、ボールの真後ろではなく斜め後ろをこすります

 

トスの位置をフラットよりも斜め前方に上げることで斜め後ろを触ることが可能になります。

斜めにボールを触ることによって、回転がかかり、フォルトを防ぐことができます。

スイングの方向

テニスで回転をかけるためには、ラケット面でボールをこすらなければなりません。

 

フラットサーブは上方向へスイングしますが、スライスサーブの場合は、スイングが斜めに移動します。

斜め方向にスイングをすることで、ボールに横回転をかけることが可能です。

横回転をかけることで、ボールは空気抵抗をうけ、オーバーフォルトを防ぐことができます。

スイング方向と打球方向の差の理解

テニスでは、ラケット面の向いた方向に必ずボールは飛んでいきます。

スライスサーブでは、斜め方向にスイングをしますが、ラケット面はクロス方向を向いていなくては回転がかかりません。

 

ラケット面がクロスに向いているので、ボールは必ず斜め方向に進んでいきます

スイングの方向とは違う方向にボールが飛んでいくことになりますので、自分が思い描いている打球イメージと、実際に飛んでいる打球イメージの差を知る必要が出てきます。

まとめ

スライスサーブは、打ち方をではなく、ボールの触り方や回転の原理といった考え方を理解することで誰でも打つことができます。

フォルトをなくすこと以外にも、スライスサーブでワイドに入れることによって、相手をコートの外においだす「攻めのサーブ」としても使うことができます。

自信をもってサーブをするためにも、ぜひスライスサーブの練習をしてみてくださいね!

おすすめの記事