テニス サーブで爆発的な威力を出すための2つのコツ

テニスをやる人なら誰しもサーブの威力をあげたいと思うはずです。

サービスでポイントを取れることが、一番効率的なポイントの取り方となります。

ここでは、サービスでポイントをとるために必要な要素の一つ「威力を上げる方法」についてお伝えしていきます。

サーブの威力を出すコツ1:下半身の使い方

テニスにおいて下半身を使うことを、大事な要素となります。

理由は、簡単です。

パンチよりもキックの方が、威力がありますよね?下半身の方が圧倒的にパワーを出すことができるからです。

この下半身をうまく使うことが、テニスのサーブで威力を上げるコツとなります。

サーブで威力をあげるための下半身の使い方

  1. 打球方向に対して90度横向きを作る
  2. 後ろ足の蹴り返しを使って体を回転させる
  3. フィニッシュ時は前足重心で終わる


テニスのスイングのスタートは必ず下半身からスタートさせます。

テニスのプロプレーヤーが、サーブを打つ前にジャンプしているように見えるのは、後ろ足の蹴り返しの勢いを使って起こる自然な現象になります。

この後ろ足を蹴る動きが、下半身で生まれた運動エネルギーを腕まで伝え、威力のあるサーブを打つためのコツとなります。

サーブの威力を出すコツ2:スイングスピードを上げる

テニスのサーブの威力を上げるもう一つの方法は、スイングスピードを上げることです。

ラケットが最も加速した時にボールをヒットすることで、反発力が生まれ、ボールに威力を出すことができます。

そのためには、上記の下半身の動きと連動して、腕の回内動作を行う必要があります。

テニスのサーブを上げるための腕の使い方

スイングスピードを上げるためには、プロネーション動作(回内動作)をします。

  1. 握りはコンチネンタルグリップ
  2. テークバック時、 脇 肘 手首 すべての部位を90度の形に保つ
  3. 体の回転後、肩から腕を上方向へ操作する


これらの動きをすることによって、肘が回内動作を行い、よりスイングスピードを上げることができます。

回内動作を行う最大のポイントは、テークバック時の腕の形です。

肘が折れ、縮こまったスイングをしてしまうと、可動域が狭くなり、スイングスピードを上げることができなくなります。

即席でスイングスピードを上げる方法

体幹のトレーニングを行わずにスイングスピードを上げるためにはどうすればいいでしょうか?

それは、サーブのテークバック時に肩甲骨を内側に寄せるようにすることです。

肩甲骨を内側に寄せることで、胸を弧状に張った状態をつくることによって、肩関節の可動域が広くなり、スイングスピードを上げる土台が形成されるのです。

後は肩を上に上げるようにすることで、体の内部で運動が連鎖をして伝わっていき、肘の回内動作を生み出すことができてきます。

まとめ

このように、下半身の動きと腕のプロネーション動作を組み合わせることが、テニスのサーブで威力のあるボールを打つためのコツとなります。

威力のあるボールを打とうとしてグリップを握ってしまうと、下半身からの運動エネルギーが使えなくなり、腕だけの力になるため、威力のあるサーブは打てなくなりますので、まずはリラックスしたスイングを心がけるようにしましょう。

おすすめの記事