テニス フォアハンドで高い打点を打つための4つのコツ【動画あり】

テニスの試合で決めるために打つウィニングショットでは高い打点で打つことが多いですよね?特にフォアハンドでは、相当の威力がでますので、ウィンニングショットにはもってこいのショットとなります。

ですが、高い打点で打つフォアハンドが苦手という方が多くいます。

高い打点でフォアハンドを使い打つことができれば、試合でかなり優位に試合を運ぶことができます。

今回は、チャンスボールを安定して決めるための、高い打点のフォアハンドの打ち方のコツを4つご紹介します。

高い打点で打つメリット

まずは、テニスにおいて高い打点で打つメリットから考えていきましょう。

フォアハンドで高い打点で打つメリット

  • ボールに勢いを出せる
  • 通常時よりもより速いタイミングで打球することができる
  • 角度がつけやすい


このように高い打点でボールを打ち込むことができると、試合でポイントを取れるチャンスが大幅に増えます。

もちろん相手に与える精神的ダメージも大きく、試合の主導権を握れるほどの効果があります。

フォアハンドで高い打点を打てないデメリット

  • 相手に余裕を与えてしまう
  • 攻撃力が大幅に下がる
  • ポイントを取れる機会損失が発生する

 

チャンスボールを高い打点で打てないと、相手プレーヤーは「なんだこいつ高い打点のボールは強打してこないじゃん」といった安心感を与えてしまい、精神的な余裕を与えてしまうことになります。

それだけでプレッシャーを感じない相手プレーヤーは、のびのびとプレーをすることができてしまいますね。

フォアハンドで高い打点で打つことができることで、決めショットというメリットの他に相手にプレッシャーをかけ続けながら試合を進めることができます。

高い打点でテニスをするということは、展開が早くなりますので、相手に時間的な余裕も与えなくすることができます。

しかし、攻撃的なメリットがある反面、調整が難しいといったデメリットもあります。これだけメリットがあるショットですから、多少のリスクはつきものになりますが、これからお伝えするフォアハンドでチャンスボールを打ちこむためのコツを知ることで、かなりデメリットの部分が解消されていきます。

では、チャンスボール時に自身をもってフォアハンドの高い打点でウィナーを取るためのコツを解説していきます。

安定して高い打点でボールを打つための4つのコツ

まず、フォアハンドで高い打点で打つ前提としてグリップの握りがあります。テニスでは高い打点で打つ際、グリップが厚くなればなるほど打ちやすくなります。

仮にコンチネンタルグリップの場合、高い打点ではボールの勢いに負けやすくなり、面も上向きになりボールが浮きやすくなります。

高い打点を打つためにはイースタングリップ~ウエスタングリップでトライすることをお勧めします。

高い打点は通常の打点で打球する時とは違ったポイントが必要になります。

フォアハンドで高い打点を打つためのポイント

  • リラックスをする
  • 打点を前にする
  • 回転を与える
  • オープンスタンス
  • スイングを躊躇しない

 

上記のことがフォアハンドで高い打点を打つために気を付けなければならないことであり、可能にするために4つのコツをお伝えしていきます。

コツ1:相手のボールの勢いを利用する

一つ目は、ボールの勢いを理解することです。

ボールが一番勢いある時は相手のラケットからボールが放たれた瞬間です。いわゆる初速ですね。そこから空気抵抗を受けボールの勢いがなくなり、順回転をさせることにより、重力の関係でボールは地面をバウンドします。

バウンド後、ボールは上へと弾みまた落下していきます。上で弾むということはボールの勢いがまだあるということです。

高い打点で打つということは、通常時の打点にくらべ勢いがある状態でヒットするということになるわけです。

勢いのあるボールに対してラケットに力を入れボールと衝突させてしまうと反発が起こりボールを制御することが困難となる。

そのため、フォアハンドでの高い打点を打つ際は、リラックスした状態を作る必要があり、相手のボールを利用するイメージをすることが大切です。

コツ2:高い打点の位置はいつもよりかなり前

2つ目は通常時の打点よりも打点は前になる点です。

フォアハンドの腕の動かしは肩を支点に円状に動いていきます。そのため、打点が高くなるにつれてラケットの位置は前方に進むことになります。

高い打点も基本はボールよりも下から上に振っていきますので、肩を支点に円状にラケットが動く形となります。

注意点として、強いボールを打とうとしてグリップに力が入ると、ラケットダウンができず上から下のスイングになってしまいます。これではネットを超えませんね。

高い打点は先ほどお伝えした通りボールの勢いがあるところでヒットしますので、下から上にラケットを振っても勢いあるボールを打つことができます。

▼参考動画

コツ3:スタンスはオープンスタンス

3つ目は前の打点で取りやすくするためにオープンスタンスです。

クローズスタンスでも高い打点でボールを打つことができますが、足を踏み込んでいる分打点が後ろになってしまいます。

フォアハンドの場合、ラケットを持つ腕は打ちたい方向に対して後ろ側にあるため、普通に振ってしまうと打点が後ろになりやすくなります。

オープンスタンスにすることで、前方に空間ができ、ラケットを持つ腕を後ろにある状態から体の前にもっていくことが可能になります。

打点を前で取れるということは、ラケットがボールに対して下から上に振れるため、ボールに回転をかけてテニスコート内にコントロールすることができるようになります。

コツ4:振り切ってボールに回転をかける

4つ目は、迷わず振り切ることです。

ここで言う「振り切る」とは、ラケットが振られることを意味します。

フォアハンドのスイングは、リラックスした状態で体の回転を使うことで遠心力が働きラケットの動きが早くなります。

リラックスしているのでラケットも自然と下がり、ボールに順回転を加えるためのラケット移動が可能になりますね。

先ほどもお伝えした通り、ボールに回転をかけることによってボールを飛ばなくなります。高い打点ではボールに勢いのあるところでヒットするため、順回転がかかっていないボールはコート内に収まらなくなるリスクが高くなります。

また、ラケットの振られる速度が速ければ早いほど、回転量は増えて安定しますし、相手に脅威を感じさせることにも繋がります。

ちなみに、順回転のかけ方は2種類あります。一つはボールの下から上へラケットを振っていく正規のかけ方、もう一つはボールの上側を捉えて回転をかけるやり方です。

仮にイースタングリップの場合は、ボールの上側をこすって回転をかけると良いでしょう。

というのも、イースタングリップの場合、高い打点になればなるほど面が上向きになりボールに回転をかけにくくなります。多少横降りになってでもボールの上側を捉えて回転をかける方が結果としてラケットは触れますし、安定もしていきます。

フォアハンドの高い打点での打ち方まとめ

テニスでは、レベルが上がってくるほど相手のミス待ちではなかなか点数が取れなくなります。

テニスの試合に出るような方には、やはりフォアハンドの高い打点でボールをヒットする技術は必要になってきます。

  • リラックスして、ボールの勢いを利用する
  • 打点を通常よりも前にする
  • オープンスタンスの方が高い打点において、スムーズな動作を生む
  • 回転をかけより安定感を出すためにはラケットを振りきる

 

この4点を意識して、高い打点での打ち方を練習することで、テニスの試合でも自信をもってウィナーを取れるショットを自分のものにしていきましょう!

おすすめの記事