テニス サーブの基本となる2つのコントロールアップ方法

サービスボックス内にサーブを入れる技術やセンター、ワードに狙うコントロールは、サーブセット時の足の置き方や、ボールに回転をかけることがコツとなります。

ここでは、サーブでのコントロールアップに最低限抑えておくべき方法を2つご紹介いたします。

方法1. サーブ時の足の置き方

テニスのストロークの際に、横向きから前向きの動きをするように教わっていると思います。

これは、テニスのサーブでも同様のことが言えます。

サーブでの足の置き方は、打ちたい方向に対して体の回転をするための軸足と打ちたい方向に対しての方向付けの足の二つの役割があります。

この二つの役割を知ることで、サーブでのコントロールを上げるための体の向きを作ることが可能です。

まずは左右のコントロールを身につける

コントロールアップにおいてまず考えなければならないのは、左右のコントロールです。

その後に、高さや距離という手順を踏んでいくのがコントロールアップの秘訣です。

サーブでの足の置き方は、左右のコントロールアップに必要となる方法であり、基本となります。

足の置き方ができた後は、距離のコントロールアップのためにボールに回転をかけていきます。

サーブでの足の置き方 (右利きの場合)

  1. 軸足(左足)の内側の側面を打ちたい方向に向けるようにしてセット
  2. 右足のつま先を打ちたい方向に向けてセット


この時、右足のつま先と左足のつま先をたどった延長線上がボールの打ちたい方向となります。

方法2. ボールに回転を加えて安定感を出す

テニスのサーブでは、決められた場所にサーブをコントロールしなくてはならず、サービスラインはネットから約6mの幅しかありません。

そのため、枠内に収めるために距離の調節が必要になります。

テニスのサーブで距離のコントロールアップをする方法は2つあります。

  1. 回転の調節
  2. スイングスピードの調節

回転の調節の仕方

まず、ボールに回転をかけるためには、スイングスピードを上げる必要があります。

セカンドサーブだからといってスイングスピードを抑えようとしても、「思ったより回転がかかってない!」ってことになります。そのため、セカンドサーブでスピン系のサーブを打つのであれば、ファーストサーブと同じかそれ以上のスイングスピードで打球をする必要があるんです。

そして、スイングスピードを上げるには、横向きから前向きにする体の回転は必須です。上で述べた方向のコントロールアップに必要な足の置き方は、体の回転をするために必要な土台ですのでしっかり覚えておきましょう。

スイングスピードを上げる方法

軸足の回転速度の速い・遅い、がそのままスイングスピードに比例していきます。

回転量を多くしたい場合は、軸足の回転スピードをあげるということですね。

スイングスピードを上げようとして腕に意識が行きがちですが、これではインパクト前にスイング加速が最大となり、インパクト時にはスイングは減速した状態になってしまいます。

ボールに回転を加えると、空気抵抗を受けて、ボールは飛ばなくなり、テニスコートにおさまりやすくなり、距離のコントロールアップが可能になります。

まとめ

テニスのサーブのコントロールアップについて、まず知っておいてもらいたいポイントを二つご紹介しました。

これらができた後に、ボールのスピード調節やボールの軌道の調節といった部分へつながっていきますので、まずは基本となる2つの方法を実践してみてください!

おすすめの記事