テニスでコントロールを上げるための練習方法

 

テニスで重要な要素の一つに狙ったところに打球するコントロールがあります。

今回は、コントロールの本当の意味をお伝えし、コントロールを身につける誰にでもできる練習方法をご紹介します。

ボール コントロールの考え方

 

テニスは決められたコート内で、相手のいないところにボールをコントロールしてポイントを奪い合うスポーツです。

いくら強いボールが打てても、コートに収めるコントロールがなければ、意味はありません。

 

特に、練習では、狙うよりも強いボールを打つ意識がどうしても強くなってしまいます。

では、コントロールをあげるためには一体なにに気を付けて練習すればよいのでしょうか。

 

それは・・・。

打ちたいところにボールを落下させる」という考え方です。

 

例えば、ストレートにボールを打つ場面を考えてみます。

 

ストレートという言葉は「方向」を意味します。もちろんストレートを狙うのもコントロールの一つですが、これでは方向を狙うコントロールは意識できても、枠内に収めるというコントロールまで意識を持っていくことは難しくなります。

コントロールとは、狙ったところにボールを打つことができることを言います。狙うという概念を、方向などの「線」ではなく、どこにボールを落とすかという「曲線」のイメージにして、練習に取り組んでみてください。

 

考え方が変わると、ボールの結果も変わってきます!

コントロールアップのための練習方法

 

では、実際にどのような練習をすれば、コントロールをあげることができるのでしょうか??

 

先にも述べた通り、直線的にボールを打つイメージではなく、ボールを落下させるイメージが大切になります。

 

通常、球出しの際は的(=コーン、ポールなど)を置いてストロークなどの練習をすると思いますが、

この「的」を「カゴ」に変えます。

 

的だと直線的なボールでも当てることは可能ですが、カゴにボールを入れるためには曲線の弾道でないとかごの中にボールが入りません。

 

テニスでの大半のミスはネットとアウトです。これはラケットが横振りになっていることが原因となります。

 

カゴにボールを入れるように練習をして「曲線」を意識することで、ラケットが下から上方向に移動するため、ラケット面が常に打球方向に向きやすくコントロールアップにつながります。

 

さらに、下から上へのラケット移動は、そのままボールにトップスピン回転をかけるための土台にもなります。

 

ボールは上方向に飛んでいくので当然ネットミスは減り、ボールにトップスピン回転をかけられるスイングのためアウトも減っていきます。

 

このように、ただの的を「カゴ」に変えてコントロール練習をすることで様々な相乗効果を生んでくれます。

 

また、弾道のイメージが明確に持てるため、メンタル面でも不安がなくなりしっかりとボールを打つことができてきます。

 

まとめ

 

テニスのポイントの大半はミスによるものです。

 

ミスを減らすためにも、ボールを落下させ、どこに落とすのかをイメージしていくように練習していきましょう。

 

このボールの軌道イメージを変えるだけで、ストロークやボレー、サーブといった基本的なショットが全体的に上達するのは間違いありません。

 

ぜひ普段の練習に取り入れてみてくださいね。

おすすめの記事