テニス初心者がうまくなるための2つのコツ

テニスって難しいスポーツですよね?

その理由は、バウンドしたボールを、道具を使って打つ!という他のスポーツにない特徴を持つからです。

だからこそ、うまくなりたいと思わせてくれる魅力的なスポーツでもあります!

今回はテニスがうまくなるための考え方とそのコツについてお伝えしていきます。

適当なスイングがうまくなるコツ?

テニスは、力で打球するのでなく相手のボールの勢いを利用して打球していきます。

まずはこの考え方がテニスをうまくするポイントとなることを覚えておきたいです。

 

試しに手だけで一生懸命ボールを打ってみてください。

 

ちょっと痛いですけども

 

すると、ボールが全然飛ばないのを実感できると思います。

そう!腕だけの力ではボールは飛ばないのです。

 

次に、ラケットをもって、当てるだけの感覚でボールを打ってみてください。

簡単にボールが飛びますね!

 

テニスラケットの性能は年々すごいスピードで上がっています。近年のラケットは本当に当てるだけでもボールが簡単に飛んでいくのです。

 

これだけ高性能なラケットを活かしてあげることで、誰でも簡単にボールを飛ばすことが可能になります。

 

ちなみにラケットにボールを当てるだけだとボールは飛ぶのですが、同じ形、同じスイング幅でラケットにボールが当たる瞬間にグリップを力いっぱい握ると、逆にボールは飛ばなくなります。

 

適当に当てるだけのスイングの方がボールは飛んでくれるということになります。

 

他にも、遠心力や体の使い方など細かいことはありますが、どちらにしてもグリップは力いっぱい握らない方が良いのです。

 

テニスがうまくなりたいなら適当にスイングをする!一見矛盾してそうな文ですが、力を入れないでラケットの性能を活かすことを知ることでテニスは格段にうまくなります。

テニスは相手がいるスポーツ!

当たり前のことと思う方もいると思いますが、これがテニスをうまくするためのコツとしてものすごく重要になります。

 

球出しではうまくいくのにラリーだとうまくいかないと感じる方、多いのではないでしょうか?

これは、相手から来るボールを想定して練習をしていないことがあげられます。

 

球出しのボールはうちやすいと思います。当然です。球出しの目的は打ち方にあり、打ちやすいところにボールを出していますので。

 

ですが実際は打ちやすいボールなんてそうそう来ません。

 

テニスは人間が相手です。

しかも、点を取り合うスポーツですので、打ちやすいボールをわざわざ打ってくれる相手なんていません。

 

テニスがうまくなりたいのであれば、球出しよりもラリーをたくさんして、相手がどんな状況の時に早いボールが来るのか、深いボールが来るのかを経験しましょう!

 

経験をすることで「予測」というのが生まれてきます。

 

「相手から来るボールを予測する」「楽なスイングをする」2点が、初段階でのテニスをうまくするコツになります!

おすすめの記事