テニスの試合で「勝つ」ための考え方とは

試合って緊張しますよね。

ミスをしてはいけないというプレッシャーがかかり、思うように体が動かず、練習の半分の力も出せないものです。

 

ですが、試合に対しての考え方をちょっと変えるだけで、プレーの質は向上し、メンタル的にも余裕が持てるようになります!

 

今回は、試合に臨むための考え方をお伝えしようと思います。

テニスはミスをすることが前提のスポーツ

 

テニスのポイントの大半はミスによるものです。

プロのように毎日練習や試合をしている人たちでも、ミスでポイントを失います。

 

ですが、テニスの試合で勝つことを意識すればするほど、ミスを恐れて本来のスイングができなくなります

 

その結果、メンタル的にネガティブ思考に繋がり、良いイメージが持てないまま試合が進んでしまいます。

 

こうした考えの方は非常に多くいます。

そこで、テニスに勝つための考え方の一つ目を紹介します。

 

それは・・・。

目的を持ったミスは数ポイントの価値がある!です。

 

ラケットが振れなくなってミスをした場合、その様子は相手にも伝わりますので、メンタル的に劣勢になってきます。

そんな状態で勝つことはなかなか難しいですよね。

 

しかし、目的をもってしっかりラケットを振ってのミスは相手の感じ方も変わってきます。

 

例えば、ストレートに狙ったけどもサイドアウトしてしまった といった状況があったとします。

ポイントはミスによって失いましたが、相手の頭の中には「ストレートも自信をもって打ってくるのか」と思わせることができます。

 

すると、相手は今までクロスだけを意識していればよかったものが、ストレートにも意識を向けなくてはならず、結果としてゲームが進むにつれてポイントがとりやすくなってきます。

このように、ミスをマイナスではなくプラスの方向に働かせてあげることで、メンタル面でも戦術面でも相手より優位に立てる状況を作ることができるのです。

試合中は打ち方を気にしないで!

 

ミスをしてしまったら、打ち方を気にする人を良く見かけます。

ですが、プロではない一般のプレーヤーでは、試合中にフォームを修正することは非常に困難です。

 

テニスの試合の目的は勝つことであって、いいフォームでボールを打つことではありませんよね?

 

試合中に思ったようにボールが打てなかった場合は、打ち方を気にするのではなく、自分の打ったボールの弾道のイメージをしてみてください。

 

テニスの試合では相手のコートにボールが打てれば負けることはありません。

アウトになったのであれば、アウトしないボールの弾道をイメージするのです。

 

弾道をイメージすることによって、メンタル的にはポジティブ思考になり、目的の弾道を打とうとすることで、体がその目的に対して動くようになるので、結果としてフォームも改善されていきます。

 

テニスの試合に勝つためには、どんなボールが打ちたいのかをイメージしながらショットを打つように意識してみてください!

 

このように考え方をちょっと変えるだけで試合に勝つ確率はぐんっと上がってきます。

 

なかなか試合で思ったようにプレーができな人は、このことを意識して見てくださいね!

おすすめの記事