テニス シングルスの戦い方を上達させる2つの練習方法
https://edition.cnn.com/

シングルスの試合で重要なこととして、大きく分けて以下の3つがあります。

  • ショットの精度
  • 戦術
  • ポイントごとの戦い方(メンタルの持ち方)


特に戦術やポイントごとの戦い方などは、練習の仕方を知らないと、なかなか上達することができません。今回は「戦術パターン練習」と「ポイントごとの戦い方の練習」の2つについて、おすすめの練習方法をご紹介します。

シングルス練習方法1【パターン練習】

誰にも得意なショットと苦手なショットはあります。

その中でも得意なショットをテニスのシングルスの試合で効果的に使うことを戦術パターンと言います。

テニスのシングルスパターン紹介

  1. 得意なショットを攻めのきっかけとするパターン
  2. 得意なショットを決めボールにするパターン


まずは、この
2つのパターンが基本となる考え方です。

得意なショットを有効活用するための戦略立てです。フォアハンドのダウンザラインが得意な人は、フォアのクロスを軸に試合展開をしていくようなイメージです。

練習方法

  1. 最初のボールを必ず得意なショットからスタートをして試合形式の練習
  2. 得意なショットに結び付けるために逆算をして展開を作るようにして試合形式の練習


一つ目のパターンはイメージしやすいと思いますので、
ここではパターン2についての練習方法をご紹介します。

得意なショットに結び付けるために逆算する

3球目に必ず得意の決めボールを打たなければならない!

この練習のポイントは、「3球目」と「強制的に決めボールを打つこと」の2つです。

3球目とした理由は以下の通りです。

  • 1球目 仕掛けのボール
  • 2球目 得意なショットを打てるボールを相手に打たせる
  • 3球目 決めボール


このような段階を踏むことで、攻撃パターンを明確にしやすく、なおかつどこかで失敗した場合でも立て直すことが可能な為です。

また、どんな状況でも決めショットのボールを打たなければならない制限があることで、それまでの展開作りをどのようにすれば楽に決めショットを打てる環境になるのかを考えることができ、こうした考え方がテニスの試合において非常に重要となるのです。

シングルス練習方法2【ポイントごとの戦い方】

テニスの試合では、ポイントごとに戦い方が変わってきます。

シングルスは誰も助けてくれません。

なので、できるだけ多くの試合でおこるシチュエーションに近い状態で練習をして、経験をすることが大切になります。

例)
ゲームカウント4-5の相手のマッチポイント。
15-40の絶望的な状態。さらに自分のセカンドサーブからゲームが始まる場合。
あと1ポイントでも取られると、明日から生きていくお金がなくなってしまうという状況の中で、あなたはどのようなメンタルでセカンドサーブを打ちますか?どんなボール配球をイメージしますか?

ちょっと極端な例かもしれませんが、絶体絶命の状況であることは伝わりましたよね。

あえてポイントの条件を定めて、シングルスのポイント練習をすることで、練習効率は何倍にもなってきます。

 

ポイントを取られた場合、腕立てx10回とかっていうペナルティを設けるといいです。
(僕はジュニア時代にやってました。。。笑)

 

上の例にあげた1540の場面ではどのような戦い方をしなければならないのか?

ミスをしないように繋げてポイントを奪いに行くのか?

あえてこのゲームは落として相手の頭に残るようなすごいショットにトライしてみて、試合の後半で生きてくるような選択をするか?

まとめ

シングルスは、ポイントごとの戦い方一つで、試合の流れは大きく変わるものです。

ただ漠然とシングルスの試合練習するのではなく、条件を課してシングルスの練習をするようにしてみてください。

テニスは、心理戦のスポーツでもあります。

こうした、ポイントごとで相手はどのようなことを考えて試合をしてくるのか、などを考えながら練習をしていくと、相手の心理を読むことにもつながってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事