テニス シングルスでの戦術の考え方3選と勝てる戦術の作り方

テニスのシングルスでは、戦術のパターンを多く持つことで、引き出しが増え、状況によっての対応がスムーズに行うことができます。

テニスの試合では、ショットの実力が同等か相手の方が上回る場合でも、戦術をしっかりと持つことで、相手よりも有利な状況を作り出せるほど戦術の効果を絶大です。

戦術には攻めるための戦術と攻められないための戦術の大きく2つにわかれます。その中でも今回は、攻めるための戦術にフォーカスをおき、シングルスに必要な戦術の考え方から戦術の作り方を解説していきます。

シングルスの戦術の考え方①「オープンスペース」

テニスのシングルスで戦術のすべての基盤となる考え方が、オープンスペースを作ることです。

シングルスの場合、テニスコートは縦11m9mのエリアを一人で守らなければなりません。ですが、一見広いように感じますが、実はそうでもありません。

テニスコートの真ん中にプレーヤーが立っている場合、左右の幅は4.5mしかありません。

相手から飛んでくるボールは大体1秒~2秒なので、それだけの時間があったら簡単に追いつけてしまいます。

 

しかし、4.5mの幅を8mにできたらどうでしょうか?

 

状況は大きく変わってきますね。

シングルスではどれだけオープンスペースを作れる展開にもっていけるかが、戦況を優位にする考え方となります。

オープンスペースの作り方①「左右のスペース」

単純に右に打った後は左に打つことでオープンスペースが作れる!わけではありません。先ほども記した通り、ボールが相手に届くまでは1~2秒ほどの時間がありますので、左右に振ったとしても元の位置に戻られてしまいます。

そこで重要となるのが、相手のポジションをコートの外に追い出す角度のあるショットです。いくら相手を左右に振っても直線的なボールですと、角度がつかないため、相手をテニスコートの外に追い出すことができません。

リスクは高くなりますが、早いボールを打って相手に時間を与えないといった方法でオープンスペースを作ることも可能です。

左右のスペースの作り方

  1. 早い展開を作って、相手に時間を与えない。
  2. 角度のついたボールを使用して、相手をテニスコートから追い出す。

オープンスペースの作り方②「前後のスペース」

シングルスの場合、テニスコートの縦の長さの方が横の長さより距離が長くなります。特に相手がベースライン上にいる時は、前スペースは大きく空いています。

せっかく空いているスペースをより効果的に使いたいものです。

しかし、前のスペースが空いているからといって安易に打ってしまうと、少しのミスで相手大チャンスを与えてしまいますね。

前のスペースをより大きいスペースにするには相手のポジションを下げさせるボールを使用します。

できれば、順回転のかかったムーンボール気味のボールが良いですね。威力のないムーンボールは相手に高い打点で取られてしまい、攻められる確率が高くなりますので注意しましょう。

前後のスペースの作り方

1相手を後ろに下げさせるボールを使用。

2相手は元の位置に戻るために、時間を作るボールを打つ可能性が高い。

3繋げのボールが来ると判断したら、ポジションを少し前にし、相手に時間を与えない。

4相手を前に動かせれば、その後はより後ろのスペースが空いてくる。

シングルスの戦術の考え方②「ペースオブチェンジ」

2つ目のテニスの試合でのシングルス戦術の考え方はスピードの変化をつけて展開を作ることペースオブチェンジです。

ラリーペースの変え方には2通りあります。

  1. ボールのスピードを変化させての緩急。
  2. 相手のテンポを変えての緩急。

 

1つ目のボールのスピードを変える方法は、単純にボールの威力を変えるものと、回転の量を変えるものの2つあります。

緩急をつけた戦術

  1. 決めボールのスピードをより速く見せるために、その前のボールをわざとスピードを落とす。
  2. 回転量を増やすことでボールのスピードが落ち、バウンド後に弾むため、角度をつけたショットで相手をテニスコートから追い出した後、回転量を減らしてスピードボールをオープンスペースへ。

 

2つ目の相手のテンポを変える方法として、ライジングと相手が予想しないスピードのボールの2つあります。

相手のテンポを変える戦術

  1. 通常、ボールの落下する場所を打点としますが、ボールのバウンド後から頂点に達するまでに打球することをライジングといい、相手のタイミングをずらすのに効果的です。
  2. 「速いボールが来る!」と思わせておいて、ゆっくりとしたボールが来ると相手の動きは一瞬止まります。

シングルスの戦術の考え方③「回転系ショット」

3つ目のテニスのシングルス戦術の考え方は回転系ショット使い方です。

シングルスにおける戦術的スピンボール

  • 回転調節で深さを調整できる。
  • バウンド後に弾むため、相手に攻め込まれにくくなる。

シングルスにおける戦術的スライスボール

  • 同じフォームからロブ、ドロップ、早いスライス、遅いスライスを打ち分けられる。
  • バウンドが低くなるため、相手に高い打点で取られなくなくなる。

 

回転系を使うことが戦術において非常に大事な役割となります。

シングルスの試合では、いかに相手に打たれないボールを配球できるかが攻撃チャンスを生む起点となります。

シングルスの戦術の起点となるショット、回転系ショットはぜひ身につけましょう。

シングルスの戦術の作り方

オープンスペース
  1. 左右のスペースの作り方
  1. 前後のスペースの作り方
チェンジオブペース
  1. ボールのスピード変化による緩急
  1. ライジングによるテンポの変化
回転ショット
  1. スピンショット
  1. スライスショット

 

上記でご紹介したのをまとめたものです。

テニスの試合での戦術のパターンは、上記の表の①~⑥の組み合わせによって作っていきます。

シングルスで使える戦術パターンをいくつかご紹介します。

 

【① ② ⑤】スピンを使ってテニスコートを斜めに使い、オープンスペースを作る。

  1. スピンロブでコースをつきつつ相手をテニスコートの後ろに追いやる。
  2. 相手が打球した位置の反対側にショートクロスでオープンスペースを作る。

 

【② ④ ⑤ ⑥】相手を下げさせて、ドロップショットで決める。

  1. スピンロブで相手を下げる。
  2. 浅くなったボールに対して前につめた状態で待つ。
  3. 相手に強打と見せかけて、高い打点でスライスドロップ。

 

【⑥ ③ ④】スライスを起点として、決めボールを強打。

  1. スライスで相手に低い打点で取らせつつ、チャンスボールを待つ。
  2. 浮いてきた球をライジング+強打で、タイミングとボールスピードを変える。

 

このように、戦術に必要な考え方を、他のものと組み合わせることによって、数多くの戦術パターンを作ることができます。

このように考えることで、仮にラリー中に戦術通りいかない時にでも、修正が可能になります。

 

クロスの後はストレートに強打!

と決めた状態でテニスの試合に臨むと、その戦術が封じられた時に応用ができなくなります。

「次はこのパターンでいく!」と決めてシングルスの試合に臨むよりも、①~⑥の組み合わせをポイントごとに組み合わせていく方が柔軟な対応ができてきます。

テニス シングルスの戦術まとめ

大抵は戦術のパターンはコレ!という風に教えられると思います。

確かに、テニスを教える立場からすると最も確率が高いポイントの取り方を伝えたくなります。

しかし、人によって得なショットも運動能力も違います。それに、皆さんが知っている戦術パターンは、大抵の場合、対戦相手も知っています。当然対策法も知っているということになります。

 

戦術とは、戦うに術と書きます。

相手が知っている攻撃パターンを果たして戦術と呼んでよいものでしょうか? 

上記にあげた6つの戦術の考え方の中で自分ができるものをピックアップしていき、それらを組み合わせていくことで戦術の幅を広がり、自分だけにしかできない戦術を身につけることができてきます。

少し、難しい話になりましたが、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

テニス初中級者のためのテニス相談チャット
openchat-cta

「ボレーが苦手で前に出るのが怖い...」
「ストロークが安定しない...」
「セカンドサーブをビビりながら打ってしまう...」
「今のコーチに聞きづらいことがある...」

と言った悩みはありませんか??テニろぐではそんな初中級者のお悩みに現役コーチやツアープロ選手達がLINEのオープンチャットで気軽にあなたの相談にのります。匿名制で使うことができます。

おすすめの記事