テニスのダブルスで代表的な3つの陣形と勝てる戦術
引用:Tennis Talk

テニスのダブルスでは、試合に勝つための戦術として陣形を作ってテニスの試合をします。

ダブルスの陣形にはそれぞれ特徴があり、テニスの試合状況や、プレースタイル、陣形同士の相性などで、様々な陣形を組む場面ができてきます。

ダブルスの陣形の特徴とテニスの試合での使い方を知り、ベストな選択をもって陣形を組めたら、勝てる確率は大きく変わってきます。

一般的に使われる代表的な陣形として、「雁行陣」「並行陣」「ダブルバック(後ろ並行陣)」の3つがあります。

それぞれの陣形の特徴と戦術を理解することで、実践で迷うことなくフォーメーションを取ることにできます。

雁行陣の特徴

テニスの試合でもっとも使われるダブルスの陣形が雁行陣です。

テニスコートのネットに近いプレーヤー(前衛者)とベースライン付近のプレーヤー(後衛者)で陣形を取り、攻守にバランスのとれた陣形です。

テニスコートを後ろと前に陣取ることで、前後左右のボールに均等に対応できることが特徴です。

どんな状況にもある程度対応できる陣形なので、ストロークの精度が高いほど戦術面でもバリエーションの多い展開を作ることができます。

最近のテニスラケットは、性能がどんどん上がっていて、ストロークでもパワーボールを打てるため、トッププロでも多く使われている陣形です。

雁行陣のメリット

  • 攻守にバランスのとれた陣形
  • 攻撃のバリエーションを多く持てる

雁行陣のデメリット

  • ストロークからの展開が作れないとボレーヤーが活躍できない
  • 左右の幅が空きやすくなる

雁行陣の戦術

雁行陣は攻守のバランスに優れているため、いつ攻めるか、いつ守るかをはっきりすることで、それぞれの効果を上げることができます。

ダブルスは、二人でテニスコートを守り、二人でポイントを取っていくことが最も基本的な戦術となりますので、1球ごとに二人の意志が統一していることがポイントになります。

基本は後衛者が攻めの起点となり、前衛者が決めるというのがオーソドックスな戦術となります。

後衛者が一生懸命攻めていても、前衛者がそのことに気付けていなかったり、展開の速さについていけない、といった状況になってしまい、結果として後衛者1人でプレーしている状況になってしまいます。

繋げるためのボール、攻めのボールを明確に変えることによって、前衛者が「今は守る場面か」「攻める場面か」を察知でき、後衛者の意志を前衛者も理解できるため、二人で同じ目標に向かって行動できるようになります。

並行陣の特徴

テニスの試合で、上級者ダブルスがよく使う陣形です。

二人がネット付近に位置するため、相手の時間をなくすことができるだけでなく、左右の幅を狭くすることもできる平面のテニスに強い陣形です。

前につめる分、後ろのスペースが空いてしまいますが、並行陣の中でも小さな雁行陣を作ることで、ロブに対してもある程度対応ができてきます。

早い展開に持ち込めるため、ラリーの回数が短い間にポイントを取ることが可能で、攻める時に有効となる陣形です。

ロブで後ろのスペースを狙われることが多いため、ハイボレーやスマッシュの機会が増えるのも並行陣の特徴です。

並行陣のメリット

  • 直線的なボールに強い
  • 左右のスペースを消すことができる
  • 早い展開に持ち込むことができる

並行陣のデメリット

  • 縦の攻撃に弱い
  • ボレーである程度の技術がないと陣形として成り立たない

並行陣の戦術

並行陣は、前につめることによって左右のスペースを消すことができるため、ストロークが強い対戦相手に効果的です。

また、ストロークに自信がなく、雁行陣からの攻撃に自信がない方も、前につめるだけで相手にプレッシャーを与えられますので、正しいポジションをとるだけで立派な戦術となります。

並行陣の最もオーソドックスな戦術は、サービス&ダッシュです。

並行陣の戦術のポイントは、相手よりも早く並行陣の形を作って、陣形上優位に立つことになります。

 

並行陣を作ってからは、とにかく陣形を崩されないことです。

 

並行陣についた時点で相手よりも優位なポジションなので、あえて自分達から攻めまくって、ミスを犯す必要性がありません。

また、安易にコースを変えたりすることで、陣形を崩される原因ともなりますので、並行陣では、1人のプレーヤーを集中的に狙うことが基本的な戦術となります。

ダブルバックの特徴

ベースライン付近に2人が位置するダブルバックの特徴は、テニスの試合において守備重視の陣形となります。

二人で守る意識ができるため、徹底した守備固めをできるフォーメーションとなり、相手に攻められている場面で使われる陣形です。

また、ポジションが後ろなので、時間ができるため戦況を把握しやすいのもダブルバックの特徴です。

ダブルバックのメリット

  • 二人で守る意識ができるため、プレーに統一性がある
  • スマッシュやポーチなどの早い展開のボールに強い

ダブルバックのデメリット

  • 陣形的に不利な状況となる
  • 攻めてポイントを取ることが困難になる(相手のミス待ち)
  • 前のスペースが空いてしまう

ダブルバックの戦術

テニスはサービス側が絶対的に優位となるスポーツです。

そのため、ダブルスの試合ではサーブで相手を崩し、ボレーヤーが決めるというのがシンプルかつ理想的なポイントの取り方となります。

サーブが強い相手であればあるほどリターンでコースを狙うことが難しくなるため、相手にポーチに出られる確率が高くなります。

そんな時、ダブルバックの陣形を取って、まずは相手のポーチのボールに対いて対策をとるという戦術を有効です。

実際に現役の大学生や、プロのダブルスプレーヤーも採用している戦術です。

 

サーブが強い相手には、いったん相手のサーブからの攻撃をしのいだ後に、次の展開へと進めていくためにダブルバックという陣形もあることを覚えておくとよいでしょう。

その他にも、試合の流れを変えるためにもダブルバックの陣形は有効です。

相手のペースで試合が進んでいき負けている状況の時は、今までと同じことをやっていてもなかなか立て直すことができません。

そんな時、ダブルバックで、ラリーペースを落として自分達の流れになるまで凌ぐことがテニスの試合の流れを変えるきっかけとなる可能性があります。

ダブルスで代表的な3つの陣形のまとめ

テニスの試合では、ダブルスの陣形の取り方一つで勝ち負けが決まるほど重要な要素となります。

  • 相手はストロークが強いから並行陣を取ろう
  • 相手は左右の動きに弱いから、自分のストローク力を生かして雁行陣で攻めよう
  • 相手との実力差が大きいから、正攻法ではなく、ダブルバックの陣形を取ってみよう

 

このように、相手の状況によってダブルスの陣形を取ることで、勝てる確率が大きく上がってきます。

また、試合の状況や、流れ、絶対に取りたいポイントなどで3つの陣形を場面に合わせて使い分けられれば、相手にとってはラリーペースがつかみにくくなり、試合を優位にすすめることもできます。

しかし、それぞれの陣形のメリットとデメリットを理解しないまま、ただ闇雲に陣形を取ろうとしてしまうと、自分達が崩れるきっかけにもなりますし、ダブルスではなく二人でシングルスをしているような状況にもなりかねません。

まずは、それぞれの陣形の特徴や動き方をしっかり理解することで、ダブルスとしての陣形の価値が生まれてきます。

ぜひ、この記事でダブルスの陣形の基本と戦術について知っていただければと思います。

おすすめの記事